トップ

中性脂肪チアシード

中性脂肪にも役割がある

中性脂肪はなぜ必要なのか

中性脂肪というと健康診断の時には悪者扱いされますが、実は人の体には欠かせないものです。中性脂肪を下げたい人からすると不要なもののようにも思えますが、中性脂肪は生きていくうえで必要なエネルギー源に変換されます。他にも内臓を守るクッションになったり、体温を一定に保ったりという働きもしてくれます。

まず食事を摂ると、食物から得た脂質は小腸から吸収されて血液中に入ります。そして体の生命維持活動に利用した残りの栄養を、中性脂肪という形に合成して体に蓄えます。また中性脂肪は脂質からだけではなく、肝臓でも合成される成分で炭水化物、アルコールの摂取によっても増加します。普段はこの中性脂肪がエネルギーとして使われるという実感はそれ程ありませんが、私達がいつも元気に過ごせるのは、体に蓄えてある中性脂肪がエネルギー不足の時に燃焼しているからなのです。

<適度な中性脂肪が体には必要>

健康診断で計測される中性脂肪は食事から摂った中性脂肪ではなく、余分なエネルギーとして肝臓に取り込まれた脂肪が再び血中に分泌された内因性トリグリセリドの値です。適度な中性脂肪である分には問題はありませんが、この血中に分泌した過剰な中性脂肪値が必要以上に高くなってしまうと、生活習慣病の元にもなり健康に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

反対に低い=健康というわけではなく、低すぎることも問題になってしまいます。無理なダイエットや極端な節食、偏った食生活のせいでエネルギー量が極端に低くなると、体はエネルギー不足に陥ってしまいます。筋肉や臓器を動かすエネルギーが足りなくなるため慢性的な疲労感の原因や、肌の乾燥や老化などのトラブルも起きやすくなります。

中性脂肪には体温を保つ働きがありますが、中性脂肪が少なすぎると体は寒さから身を守れなくなってしまいます。内臓にも少なからず影響がありますし、血管や内臓の強度にも関係してくるため、体には適度な中性脂肪が必要なのです。

Copyright © 中性脂肪にも役割がある. All rights reserved.